恋した道化師ノ行方

独り言と落書きを気の向くままに更新。近頃絶賛更新停滞中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
休日なんかはこうして、一歩も外に出ないで過ごすのが常なのですが
誰もいない(猫とうさぎも姿が見えない)部屋にいると、ふと、
あれ、やっぱ自分って居なくてもいい存在なんじゃないかなって思います。

周期的に来るどん底とはまた違った心地で、自然に思います。
なんでしょうね、この虚無感は。
二次元も夢も、所詮は夢なんだと思うと、私の中での支えが無力化します。
彼らは全員、私が信じているから私の中に存在し生きているのであって、疑ってしまえばただの文字と写真のデータなのです。
私の心の支えは、そんな頼りない実体のないものなのです。
私はそんな不安定なものを支えにして生きている不安定な人間なのです。
かといって三次元に、安定しているものなんてありますか?


自分には何が足りてないんだろうなぁあ。
ううう、もっと楽しく生きるにはどうしたらいいんだろう。

きっとお金稼げるようになったら、それに没頭するに違いない。うん。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://silverdream966.blog105.fc2.com/tb.php/727-c071a5d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。